プロポーズやお誕生日などで花束をもらって、
かわいいからラッピングペーパーに包まれたままにしてる方いらっしゃいませんか?💦

お花も生きているのでラッピングペーパーのまま放置しているとすぐに枯れてしまいます(´;ω;`)

特に夏場は切り花にとっては過酷な環境です( ;∀;)
ラッピングペーパーのまま放置しているとカビがはえたり、腐ってくることもあるのでそのままはやめて下さいね(;´・ω・)

ちなみに花束を作る時にお花屋さんが給水してくれているから大丈夫です!っておっしゃる方もいらっしゃいますが、給水してても2~3時間ぐらいしかもたないんですよ!

簡単な水揚げの仕方

①リボン,ラッピングペーパーをとる
 ※アフターブーケご注文のお客様はデザインによっては使用するのでキレイにとって下さい。
 ※リボンやペーパーのデザインを再現してほしい場合は写真を撮ってからとって下さい。

②茎に巻かれているビニール、アルミフォイルやペーパーなどもとる
 ※ゼリーがついている場合はキレイに洗い流して下さい。

③茎を斜めにカットし水につける
 ※はじめから斜めに茎がカットされていたとしても改めてカットして下さい。
 ※花に直接水をかけたり、霧吹きは絶対にしないで下さい。(シミになり仕上がりに影響がでます)
 ※傷んでいる葉っぱや水に浸かる葉っぱは取り除いて下さい。(花束のみ)
 ※クラッチブーケの場合リボンが水に浸からないようにして下さい。

 夏場はクーラーの部屋で直射日光の当たらない、かつクーラーの風が直接当たらない場所に置いて下さい。

 冬場は暖房の部屋では傷むので寒い場所に置いて下さい。

お持ち込みがすぐできない場合

*夏場は朝晩最低1日に2回ぐらいお水を交換してください。

*水が濁っている場合はすぐに水を交換してください。

*茎がぐちゅぐちゅになってきた場合はその部分も切り落とす

*茎の切り口が黒ずんできた場合も切り落とす

*ひまわりが入っている場合は氷水に浸けてあげるとさらにいいです。

*お花屋さんが付けてくれている場合があるお花を長持ちさせる液は使い方をよく読み使用してください。
 ※これを使用したから水替えしない方がいいということではありません。

アフターブーケにするには鮮度が重要です!
鮮度がいいほど仕上がりがキレイに仕上がります✨早めのお持ち込みを!